水商売は簡単に稼げる?風俗バイトのメリット・デメリットとは

水商売のアルバイトをお探しですか?水商売といってもたくさんの種類があります。 - キャバクラとは

キャバクラとは

水商売でアルバイトをしたいと思っている女性は、何気に多いことでしょう。
しかしながら、一言で水商売と言っても、本当に沢山のジャンルがありますし、同じような仕事を想像していても、まったく違っていたなんてこともよくある話です。
勝手に水商売だからとどれも同じようなものと決めつけて簡単にアルバイトをしないで、事前にどういったサービスを提供するのか、またどのくらいの報酬を得られるのかをリサーチするようにしましょう。
ここでは水商売の王道とも言える、キャバクラについて紹介します。
■キャバクラとは
キャバクラはキャバレーのようなクラブといった一昔前の水商売では新感覚の水商売でした。
特徴はクラブのような高級感を味わえる上、キャバレーのような明朗でローコストな料金で済むといったメリットがありました。
これが一気に話題になり、全国的に爆発的にその数を増加させ、現在ではキャバクラの知名度こそがナンバーワンといった状況になっています。
お酒を作り、会話などをして楽しませる場所。
更に手を脱ぎるだとか、肩や腰に手を回されるといった程度のスキンシップならば許容範囲とする必要があるでしょう。
バストやヒップへのタッチ行為などは禁止であり、性的なサービスを提供することもありません。
■朝キャバ・昼キャバとは
またキャバクラと一言でいっても、昼キャバや朝キャバなんて求人も見られますね。
これは文字通り営業時間の違いです。
風営法の改定により深夜帯の営業は禁止となりました。
そのため、朝の6時から正午までだったり、夕方から深夜0時までといった短い時間でのキャバクラも存在しており、それぞれに朝キャバや昼キャバなどと呼ばれています。
料金は一般的なキャバクラよりも安く設定されているのがほとんどですね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »